ふるさと村構想

タグ:#6次産業化推進

5

PHM03_0808

有機・無農薬・自然栽培方法に於いては、栽培プロセスを重点的に評価されてきましたが、「自然微生物農法」に於いては、その型にとらわれず、常にその環境と研究を重ね結果を重視して、データーに基づいた、より細かな成分値による品質評価がわかる栽培方法を用いて行きます。

illust2433
 自然微生物農法⇒当社独自の開発よる完熟堆肥使用で全国どんな土地でも良質な野菜を作ることが可能とする研究を日夜続けています。今は、食べ物に対する考え方が、健康へとシフトが変わり“機能性”を持った野菜・果物に注目が集まりつつあります。
硝酸態窒素値が少なく、抗酸化値が高い
こだわり野菜が大評判をよんでおります!
agri_02-01[1]

近年、農産物に対する消費者ニーズは、「安全・安心・健康」志向が高まっており、

より安全で安心して食べられる健康によい農産物の供給が望まれています。

そこで、こだわり市場では、有機物等を有効に活用した土づくり並びに環境への

負荷の大きい化学肥料、化学合成農薬等の効率的な使用と節減を基本とし、

生産性と調和できる幅広く実践可能な環境にやさしい農業を行っていきます。

PHM03_0819

■こだわり市場が推進している農産物生産の理念 

生態系を基本とし、自然の法則に基づいて天然資源を微生物コントロールすることによって

有効に活用し、医食同源、またできるだけ地産地消で効率をよくして本物を作り、

栄養素のバランスがよく、なおかつ良い成分を多く含んでおりエネルギーが高く、

人が食べたときに元気になることで病気になりにくい体質を得られる食べ物を生産

することを目指しています。

PHM03_0267
 

 基本的には収穫後に残留農薬と作物の内容の分析をして、エネルギーの写真をとり立証します。

生育は土の力ですから、土作りをモットーにして、有機質の醗酵肥料をはじめとして微生物によって

分解したミネラル及び酵素など、天然資材をバランスよく組み合わせて、国内における通常の

生産量の22倍の収穫をあげることを目標にしています。成分分析も、五訂の基準の23倍の

成分を含んだ安全で栄養価値の高い農産物を生産することを考えております。

logo-1 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

作るこだわり商品への想い、土壌づくりへの熱意、目的、農・水業に対する考え方、環境を考えた産業。
 土地に対する想い、地域に対する想い、将来に対する農業の考え方、人柄、何を目的にしているのか?
 
⑤-1-1ショップモール・宅配サービス構想概要説明
未来に対する、夢と希望、その意味を把握することで、おのずと掲載することの意味が違ってきます。
私たちは、それらのことを理解してショップモール、カタログ販売を構築していかなければなりません。
それでなければ、従来の販売だけのショップモール・カタログと何ら変わることはありません。
本気で食べていただけるお客様のことを考えた、安心・安全・おいしい食材に対する考え方を見いだせることはできません。
 食育に対する想いから、食べていただける子供から大人、そして、健康を守るお客様に本当の意味での流通改革とは言えません。
⑤-1-2ショップモール・宅配サービス構想概要説明

自分達の手で新しい農家の流通革命を創って行きたいと思い、
生き残る「旬のこだわり食材」として、流通機構改革を目指しております!
 
image
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4

破壊されつつある自然環境を憂い、人と人の関係を大切にしたいから、有機農業の発展に尽くして、農薬や化学肥料

などの化学物質をできるだけ排除して、土の中に生息する微生物をどう活性化し、土そのものに生命力を与えていくか。

持続可能な農業をいかに広め、環境に対する農業の負荷をいかに小さくするかを考えています。
また、
公害問題や環境問題に対するきちんとしたテーマを持ってやっている生産者の農産物を私たちは、取扱う「野菜の直売所」を手がけております。

large_visual03-1
 農業改革

「有機・無農薬栽培」の農家の方と手を組んで、いいものを世に出していくための基盤作りを徹底実施する
農家の生産者は、“肉体労働者じゃなくてプランナー”を目指して、人が作れないものを
作ってはじめて、“ものづくり”としての価値がでる。

農業の場合だと同じものを作り続けることが、何十年と平気でまかり通っている。
それは流通業者が農家の人を、
“自分たちに都合の良い肉体労働者”として使い続けようとしている。


農業従事者は流通業者への悪しき依存を断ち切り、プライドを持って自立しょうとする意識を持って行動して行く必要性が出てきている。

野菜を味で差別化するのはとても難しい。どんなに一生懸命つくってもだから、栽培法を変えるだけでなく、種から違うモノや、その土地の気候や土壌にあったオリジナルの地場野菜をつくればいそれがおいしければ高値で、しかもたくさん売れるから。
でも、ひとつだけ問題がある。
そういう成功例がでると、
必ずニセモノを作ろうとする輩がでてくる
たとえば京野菜を違う土地で作っているよ
にね。
本来なら
育った土地が変われば味も本物にはならないはずなのに、その差がわからずに消費者は安いほうを買う
ことになってしまう。

1-2学び舎農学校概要[提案型]

「顔と顔の見える関係」産消提携・産直

・農産物には確かに、人に語りかけてくる何かがあります。

 農産物には言葉では表現できない豊かさがあるわけで、

 その豊かさが人と人を結びつけていくという発想、考え方。

 これを大切にしたからこそ、産消提携や産直があり、野菜の直売所が機能していきます。

1-3学び舎農学校概要[提案型]
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

皆様ご自慢の「こだわり農・水産物」を、ぜひ拡販してください!

②-14-1アンテナショップ出店生産者の皆様へのコピー


ショッピングモール・アンテナショップ・店舗構築【ご利用案】 
②-14-2アンテナショップ出店生産者の皆様へのコピー

都市部を離れた各町村では、それぞれの地域特徴に応じ逸品があります。
地域生産者様におかれましても野菜、お米、山菜などたくさんの逸品がございます。
どの地域でも地元物産のブランド化を図りながら市場参入を進めるも、今一歩、広範な方々への浸透性が弱く、また、顧客づくりに至らないのが現状だと 思われます。
 

また、お客様としても物産展などのイベントや、道の駅などでよい品物を手にしても、日常的に買い物 感覚での購入環境はなかなか構築できません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

業務提携・販売チャンネル拡大中
生産者の会は、特定非営利活動団体として会員制による運営を行っており、すべての活動費用は個人・法人会員様からの会費を基に活動しています。

生産者の会では、当活動にご賛同・ご協力頂ける正会員または準会員様を募集しております。会員様向けのおトクな入会特典もございます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ