ふるさと村構想

タグ:#販売促進

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印として社会に貢献する活動を行なっております。
高齢化する農村と都会の交流の橋渡しを考え心身ともにリフレッシュできる
「生きがい」を目指し、「医・食・住」を考え、 地域の人や仲間にふれあいながらも個人の生活を大切にして、「同じ価値観を持った人が集まり」自分たちにあった地方の在り方を探し求めたいと思っております。
②-1生産者の会・農業流通革命基本構成-2のコピー
また、自然環境をテーマとし、「シニアの世代」及び「青少年」をターゲットとした新企画、「農のある暮らし」を題とし「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印とした、企画・製作・立案・人材派遣及びコンサルティングサービスを一般の方、行政、農・魚業を対象に 実施して行きます。これらを取りまとめる為に、一般の方ふるさとの会」 として取りまとめ、農業、魚業を営んでいる方生産者の会」として命名しており、 それぞれの方に、会員として参加してもらうこととしています。
このような考え方に、 賛同・参加していただける方を一人でも多くの方を探しております。
②-2生産者の会・農業流通革命基本構成-2のコピー

日本農業再生

自然循環型農業には、従来、食料の安全性や環境問題を真剣にかんがえる、先見的な生産者や消費者によって支えられてきた歴史があります。
生産農家と消費者とが協力して有機栽培に当ってきました。
「安全な食を求める」消費者が急激に増えている。しかし、喜んでばかりはいられません。
有機栽培はおいそれと生産量を増やすことができないからです。
それは、農薬や化学肥料の使用を極力抑えた有機農業は、驚くほど多くの人手を必要とする農法です。
しかし、
食にとって一番大切なのは安全性です!
農薬など科学物質による自然環境や農産物の汚染を心配する多くの消費者が、いま、食の安全性を求めはじめたのです。
②-3生産者の会・農業流通革命基本構成-2のコピー


4月〜5月中にクラウドファンディングに挑戦します!!
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【販売促進】

良質技術で耕作した農作物は宅配などで直接消費者へ流通します。

卸し業の仕組みも確立できます。

 daac9102d44b0182987a

地元密着型生産法人の設立を行います。

 

企業との提携によって耕作した農産物を全品買上げして頂きます。
1

野菜販売を手掛け、特に食材購入の消費者志向は、より安全・安心な食材調達へシフトしていることを実感しています。また、購入方法もインターネット利用や配送システムの発展に伴い地元調達にとどまらず、全国レベルと広範なエリアになっています。現在手掛けている、「機能性野菜プロジェクト」旬の野菜オーナーセットの購入者も全国範囲の方々です。

生産情報を消費者に提供しながら、良質な農作物をきめ細かなニーズに合わせ全国へ配送するシステムを作ることができます。

地元への還元として、地域交流の環境を整えた加工場を開設します。

・野菜、とまと、旬の農作物の加工品と新商品の開発

 地域特産作物、地域の伝統食品などの他にはない商品の開発

・季節感のある品揃え

・新鮮で信頼できる農作物の品揃え
定期宅配-2

規格出荷品は品質基準にサイズ・形などもあり、食材としては何ら問題のない規格外野菜が大量に廃棄されるのが現状です。

消費者のニーズに応じられる直販型宅配システムの確立は無駄のない流通システムです。

乾燥野菜・フリーズドライ・カット加工など一般消費者および業務用食材商品配送販売も可能です。

飲食店の食材や、スーパーの小売業に、地域密着および生産情報を表記しながら卸し販売ができます。
logo 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ