ふるさと村構想

タグ:#生産者

5

「こだわり市場」では、循環型農法

「食べることは命であり、命をつなぐために食べている」

野菜の美味しさを伝える人がいなくなっている中で、

それを誰かが伝えなくてはいけない!!

私たちは、それを伝える伝道師として、

「生産者の顔の見える」食材を伝えていきます。

CM122のコピー


ショップモール制作にあたり、こだわり市場の考え方と方向性

「生産者の顔の見える」ショップモールの構築を通して!(動画等で演出可能にする)

・ただ、売った、買っただけの取組ではなく、生産者の商品に対する想い、熱意、情熱を販売に取り入れていかなくてはいけません。

・作るこだわり商品への想い、土壌づくりへの熱意、目的、農・水業に対する考え方、環境を考えた産業。


土地に対する想い、地域に対する想い、将来に対する農業の考え方、人柄、何を目的にしているのか?

未来に対する、夢と希望、その意味を把握することで、おのずと掲載することの意味が違ってきます。

私たちは、それらのことを理解してショップモール、カタログ販売を構築していかなければなりません。

 
それでなければ、従来の販売だけのショップモール・カタログと何ら変わることはありません。

本気で食べていただけるお客様のことを考えた、安心・安全・おいしい食材に対する考え方を見いだせることはできません。

食育に対する想いから、食べていただける子供から大人、そして、健康を守るお客様に本当の意味での流通改革とは言えません。 

201110151458161[1]

田舎には森羅万象の知識や経験がある

ことのほか、私たちは自然相手には無力です。雨が降って欲しいと思っても、晴天を求めたいと思っても、暑さも寒さもコントロールできません。

ただじっと自然に委ねるしかありません。
しかし自然に対して受け身であることのなかから、私たちはさまざまなことを学んでいくのです。

それは直接的な農耕のための知識や経験として蓄えられるだけでなく、人間も自然の大きな環境の中で生かされているのだということや、自然に翻弄されることを繰り返していくうちに、いつしか自然のことを学び、知り尽くすようにもなるわけです。


米づくりであれば、人間が経験できるのは自分の寿命をこえる年数の経験を重ねることは出来ません。
仮に一生に70回経験したとしても、
70回ともすべて同じ年はありません。
失敗はだんだん少なくなっていくでしょうが、終りというものはないのです。


畑も果樹園でもそうです。
少しずつ栽培技術は向上するでしょうが、なかなか満足のいくものではないと農業専従者はいいます。

農業専従者になればなるほど、そう言うものです。しかし、人は死んでも知識や経験は遺されていきます。

その土地ごとに様々な技法や経験則がいまもあります。

なのに、それを受け継ぐ者がいない現状があります。雲の動きや風の向きで、
数時間後の天気を肌で感じることは、その土地に生きる人ならそれほど珍しいことではありません。

草花をみて、これからの訪れる夏の暑さや冬の寒さを感じとることの出来る土地の人がいます。

そうした森羅万象の知識や経験があるところが田舎であり、それを感じて生きていくことが「百姓」になることだと言えるかも知れません。


自然のことを学びながら、次第に知り尽くしていくのが
田舎で暮らすという原点にあるはずです。

森や林、山や川とつきあううちに、私たちは肉体を通して自然と仲よくなることができるのです。

つまり、自然を知ることができるようになるわけです。
それを求めている人々がいま
田舎暮らしを意識している人々なのです。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

作るこだわり商品への想い、土壌づくりへの熱意、目的、農・水業に対する考え方、環境を考えた産業。
 土地に対する想い、地域に対する想い、将来に対する農業の考え方、人柄、何を目的にしているのか?
 
⑤-1-1ショップモール・宅配サービス構想概要説明
未来に対する、夢と希望、その意味を把握することで、おのずと掲載することの意味が違ってきます。
私たちは、それらのことを理解してショップモール、カタログ販売を構築していかなければなりません。
それでなければ、従来の販売だけのショップモール・カタログと何ら変わることはありません。
本気で食べていただけるお客様のことを考えた、安心・安全・おいしい食材に対する考え方を見いだせることはできません。
 食育に対する想いから、食べていただける子供から大人、そして、健康を守るお客様に本当の意味での流通改革とは言えません。
⑤-1-2ショップモール・宅配サービス構想概要説明

自分達の手で新しい農家の流通革命を創って行きたいと思い、
生き残る「旬のこだわり食材」として、流通機構改革を目指しております!
 
image
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【一次産業から六次産業化】の取り組みの考え方
1つの農作物の作成から、加工・商品企画・開発などを含めた6次産業化への取り組みや、地域資源を活用した新たな産業の創出による雇用拡大や所得確保による地域活性化への取り組みなど
②-1生産者の会・入会概要説明書のコピー
農産物の価値を高め、生産者の努力を実らせる有機、無農薬、減農薬栽培へのシフトや、データに基づく品質評価を重視する栄養機能性野菜による商品の高付加価値化など
2生産者の会・入会概要説明書のコピー
各地域毎の設備を再活用した拠点集出荷所の設置と、それを中心とする巡回集荷システム網の構築や、アンテナショップやインターネットショッピングモールを販売チャネルの拡大など
 Unknownのコピー
当社独自の農産物加工場新設の為のクラウドファンディングに挑戦します!!
 flow
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人と人が繋ぐコミュニティ広場
banner[1]

ふるさと村とは、農業生活とも農村生活とも違う概念で、自然にやさしい生き方、生態系を守る生き方、生命を大切にする生き方、自然体で過ごす生き方、そんな生活を求めつつ「人間の尊厳を守って」力強く生き抜いて行く憩いの場。
これまでの自然破壊、環境悪化、人間中心主義、モノやカネに価値を置く物質主義を見直し、自然と人間の共生、食糧と環境の保全などを重視し、真の豊かさを追求し、日々の生活のなかにでも少しずつ農的要素を取り入れていこうとするライフスタイルを基本理念に於いて、自分たちの手で新しい地域を作って行くため、生き残る「共同体」を目指した田舎暮らしを求めています。

趣旨
banner[2]

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印に社会に貢献する活動を行なっております。
高齢化する農村と都会の交流の橋渡しを考え、心身ともにリフレッシュできる「生きがい」を目指し、「医・食・住」を考え、 地域の人や仲間にふれあいながらも個人の生活を大切に「同じ価値観を持った人」が集まり自分たちにあった「ふる さと村」の建設を探し求めたいと思っております。
banner[3]

また「シニアの世代」及び「青少年」に向けた、自然環境下での「農のある暮らし」をテーマに、企画・製作・立案・ 人材派遣及びコンサルティングサービスを一般・行政・農・漁業の方々を対象に実施して参ります。
banner[4]

一般の方を「ふるさとの会」、農業、漁業を営んでいる方を「生産者の会」として命名し、それぞれの方に、会員として参加してもらうこととしています。 このような考え方に、賛同・参加していただける方を一人でも多くの方を募集しております。 
banner[5]
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【事業構想概略】【全国の生産者の顔の見える】産直食材の提供
滞在型市民農園のコピー

■ 
農事組合法人&農業生産法人
改革生産者による土壌改善及び栽培

・苗植え~管理栽培~収穫

※生産研修 農業研修(情報交換、栽培方法)

■生産農家開拓提携 農事組合法人・農業生産法人:設立) 

・良質農産物生産限定(特色のある個人農業者)

・生産地または生産者開拓
販売ルート開拓

・宅配先、卸先拡張

※こだわりと品質で他社(者)との差別化を図る 

■出荷作業
・生産・販売管理 
・出荷(加工を含む)作業、配送
4
      ‖連携
大手スーパー・福祉施設=飲食業・食堂・病院等
事業展開構想図

・宅配サービス

・直売所・農家のレストラン

・ショッピングモール

◉協賛企業との提携 
旬の野菜契約栽培提携

 ・年間野菜栽培計画実施による野菜栽培

・自社運営食堂・飲食等の業務用に使用する
・フリーズドライ・乾燥野菜・カット野菜、冷凍野菜に加工して出荷 
img05
         
‖連携
・休耕農地・耕作放棄地・高齢化農地対策・田・畑に関わる協力者
地域交流および販売イベントに関わる協力者
商品開発・事業構想企画協力者大学・高校、行政機関など) 
ライブドアブログ-2

プロジェクト概要

自由な発想を持っていてチャレンジ精神も旺盛な都会の若者と、 地域で様々なことにチャレンジしている農業者が、お互いにアイディアを出し合い、 未来の農業を語れる場所や仕組みを作るプロジェクトです。

あなたの地域からからの地域活性化に資する起業と雇用を創造することを目的とした支援事業です。アグリ起業促進には、雇用・就業の回復・活性化が絶対条件です。地方の産業と雇用を再生するためには、何よりもまず農林漁業・水産業の活性化を果たし、昔の考え方に立ち戻るだけでなく、農林水産業の6次化による高付加価値化を目指すことが重要であると考えました。

50780525_2056305634660167_7912841252712742912_n
私たちの目指すものは、「起業家精神」です。若い方の感性と発想に基づいたこれからの会社経営を社会還元と地域社会に貢献出来る企業を目指した経営者を育て上げることを義務として、『アグリ起業の実現』に向かって頑張っているやる気のある方を応援します。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ