ふるさと村構想

タグ:#生きがい

5

牡鹿半島地域活性化方向性

【地域活性化支援とは?】【魚のある暮らし】

魚業生活とも魚村生活とも違う概念で、自然にやさしい生き方、生態系を守る生き方、生命を大切にする生き方、自然体で過ごす生き方、そんな生活を求めつつ「人間の尊厳を守って」力強く生き抜いて行く憩いの場、これまでの自然破壊、環境悪化、人間中心主義、モノやカネに価値を置く物質主義を見直し、自然と人間の共生、食糧と環境の保全などを重視し、真の豊かさを追求し、日々の生活のなかにでも少しずつ魚的要素を取り入れていこうとするライフスタイルを基本理念に於いて自分たちの手で新しい「ふるさと村」を作って行きたいと思い、生き残る「共同体」を目指した田舎暮らしを求めています。

牡鹿半島地域活性化構想-5

【趣旨】

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印として社会に貢献する活動を行なっております。
高齢化する魚村と都会の交流の橋渡しを考え心身ともにリフレッシュできる
「生きがい」を目指し、「医・食・住」を考え、 地域の人や仲間にふれあいながらも個人の生活を大切にして、「同じ価値観を持った人が集まり」自分たちにあった「地方の在り方」を探し求めたいと思っております。

また、自然環境をテーマとし、
「シニアの世代」及び「青少年」をターゲットとした新企画、「魚のある暮らし」を題とし「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印とした、企画・製作・立案・人材派遣及びコンサルティングサービスを一般の方、行政、農・魚業を対象に 実施して行きます。

これらを取りまとめる為に、
一般の方ふるさとの会」 として取りまとめ、農業、魚業を営んでいる方生産者の会として命名しており、 それぞれの方に、会員として参加してもらうこととしています。

このような考え方に、 賛同・参加していただける方を一人でも多くの方を探しております。

就労継続支援A型事業所「希望の星」

【魚のある暮らし】地方活性化支援基本構成の考え方

■魚のある暮らしへの取組

1.滞在型市民農園

・ 四季折々の漁業生活体験月に3日以上滞在。

2.豊かな田舎体験

・休日や休暇など利用して魚山村で自然・文化にふれ、人との交流

3.定住田舎暮らし

・里山の豊かさを実感しゆとりとやすらぎのある生活

4.漁業体験

・自分の手で育てたいけど、暇がないという方

5.オーナー制度

・海産物がどんなふうにできるか見てみたい、育ててみたい 

6.2地域居住生活型

・気の向くまま、足の向くまま人間の尊厳を守って魚のある暮らし

小積浜地域活性化構想-4

田舎暮らしをしてみたい

①漁業体験を実践できる人。

②地域の在り方及び地域市民との積極的に交流ができる人。

③田舎暮らしを本気で考えている人。

④魚業を本気で実践できる人。

⑤月間2泊以上、又は4日以上通園ができる人

牡鹿半島地域活性化構想-4



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

地域活性化支援基本構成

【趣旨】

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印として社会に貢献する活動を行なっております。
高齢化すると都会の交流の橋渡しを考え心身ともにリフレッシュできる「生きがい」を目指し、「医・食・住」を考え、 地域の人や仲間にふれあいながらも個人の生活を大切にして、「同じ価値観を持った人が集まり」自分たちにあった地方の在り方を探し求めたいと思っております。


また、自然環境をテーマとし、「シニアの世代」及び「青少年」をターゲットとした新企画、ある暮らし」を題とし「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印とした、企画・製作・立案・人材派遣及びコンサルティングサービスを一般の方、行政、魚業を対象に 実施して行きます。
pixta_21101058_M

これらを取りまとめる為に、一般の方ふるさとの会」 として取りまとめ、魚業を営んでいる方生産者の会」として命名しており、 それぞれの方に、会員として参加してもらうこととしています。
このような考え方に、 賛同・参加していただける方を一人でも多くの方を全国から探しております。 
③-3ふるさとの会チラシ-2-1
ふるさとの会募集チラシ
②-1生産者の会・募集チラシのコピー2
生産者の会募集チラシ 
 
・今後の課題

地方全体として過疎化が進み高齢化している地域が多く、しかし今後は世間でも放映されているように若い世代が田舎に移住・定住できる環境を創り描いた町づくりとして行かなくてはなりません。

地域での活動としては、行政とのタイアップしながら、青少年育成の為のイベントなどの実施・週末田舎暮らしにも
対応した魚家の意識向上の為のセミナーなど、まず地域が一つになる事を進めて行きたいと思っております。

pixta_70543130_S

 古民家・廃校・空家活用した時空間の有効活用

つながり:人・地域・地球がつながる場を提供する

緊急時の災害非難場所及び施設有効活用にも適用できます。

・地球に負荷をかけないライフスタイルの提案別紙企画提案資料参照


■みなさまが活用出来る場を考え、「田舎暮らし」体験宿泊施設
業研修宿泊施設・業体験宿泊施設・のある暮らし体験宿泊施設及び家のレストランとしてご利用できるように再生していきたいと考えました。


空き家を活用したボランティア受入体制の構築に従い宿泊施設完備、また、圏外からの業希望者による研修施設による滞在型宿泊施設の活用。

・グリーン・ツーリズムを活用した宿泊施設の完備に伴い、自然、文化、地域との人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動をバックアップして行きます。(業への興味を抱かせます)

小渕浜地域活性化構想-2 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

地域活性化支援とは?】【農のある暮らし】

農業生活とも農村生活とも違う概念で、自然にやさしい生き方、生態系を守る生き方、生命を大切にする生き方、自然体で過ごす生き方、そんな生活を求めつつ「人間の尊厳を守って」力強く生き抜いて行く憩いの場、これまでの自然破壊、環境悪化、人間中心主義、モノやカネに価値を置く物質主義を見直し、自然と人間の共生、食糧と環境の保全などを重視し、真の豊かさを追求し、日々の生活のなかにでも少しずつ農的要素を取り入れていこうとするライフスタイルを基本理念に於いて自分たちの手で新しい地方の在り方を作って行きたいと思い、生き残る「共同体」を目指した田舎暮らしを求めています。
 

④-1-1学び舎農学校概要[提案型]

【趣旨】

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印として社会に貢献する活動を行なっております。
高齢化する農村と都会の交流の橋渡しを考え心身ともにリフレッシュできる
「生きがい」を目指し、「医・食・住」を考え、 地域の人や仲間にふれあいながらも個人の生活を大切にして、「同じ価値観を持った人が集まり」自分たちにあった地方の在り方を探し求めたいと思っております。
また、自然環境をテーマとし、「シニアの世代」及び「青少年」をターゲットとした新企画、「農のある暮らし」を題とし「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印とした、企画・製作・立案・人材派遣及びコンサルティングサービスを一般の方、行政、農・魚業を対象に 実施して行きます。

これらを取りまとめる為に、
一般の方ふるさとの会」 として取りまとめ、農業、魚業を営んでいる方生産者の会」として命名しており、 それぞれの方に、会員として参加してもらうこととしています。

このような考え方に、 賛同・参加していただける方を一人でも多くの方を探しております。
 

④-1-2学び舎農学校概要[提案型]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「生きがい」「やりたい事」は人により多種多様です!
2-D-MOI109

畑で野菜を育てたい人、果物を作りたい人、花がいいと思う人、子どもたちにピアノや英語を教えたい人、
パンを作り、食べてもらいたい人、友達やご夫婦で旅行へ行きたい人、ゴルフが好きな人、やはり仕事がしたい、地域の役に立ちたい、そんなシニアパワーを集めて、行政からではなく自分たちで助け合って何かできないでしょうか。


病気やケガをした時手を差し伸べてくれる人、寂しくなった時話を聞いてくれる人、子どもや孫と住みたい人、住める人、住めない人、住みたくない人、地域に貢献したい人、一人でのんびりしたいけど何かの時に手を貸して欲しい人、そんないろいろな人の意見を集め、皆が意見交換し、仲間になり自分の
生きがいを探し、自分の人生を楽しく、出来るだけ快適にくらしていこう。

共存共栄、ホームページの中から飛び出して現実に地域に根付いていったらどんなに
素晴らしいことでしょう。

0205000003


私たちが考えているパークビレッジハウスには、同じ間取りの部屋はありません。

その人の個性に合ったオーダーメードの設計になります。

入居者が建物を作る前から集まって建築家と一緒に考えます。

もちろん自分の意見を取り入れてもらい、その想いを形に変えられます。

また「私は標準プランでいい。」という方も必ず、一度は建築家と話合います。

普通のマンションなら、電気製品、家具などは出来上がったマンションの部屋に合わせますが、コーポラティブは自分が現在使っている家具や大切なもの、思い出一杯のものに会わせて、ある程度設計が出来るからです。

また開口部(窓やドア等)もある程度自由に考えられますので、同じ間取りの部屋はありえないということになります。


そしてコーポラティブ方式は参加者が集まって組合を作り、皆で建物を作るようになります。土地取得費、建設工事費、設計費、コーディネート費など使用用途が明確になります。
さらに初めから皆で作り上げていくので、お互いが顔見知りになり、普通のマンションのように「隣はどんな人が住むかしら?」なんて心配もなくなります。

ただ、皆で作るものですから、普通のマンションより、契約してから時間がかかります。

手間もかかります。少しわずらわしい点もあると思います。


また共用部分も皆で考えて作るものですから、第
2のリビング、第2の浴室などと考えることが出来るのではないでしょうか。

こんな理由からパークビレッジハウスはコーポラティブ方式になりました。


一戸建ての注文住宅と同じような感覚ですので、建築家の先生と世帯ごとに何度も話し合って、ご自分の好み、住みやすさを考えながら、設計に組み入れていくのがコーポラティブ方式です。
ですから建築家の先生がとても重要で大切な役割を担うことになります。 

about_04-01[1]

1 -ふるさとの会・「終の住処」構想概要

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ