ふるさと村構想

タグ:#学び舎

5

【魚のある暮らし】

「魚業事業構想」&「学び舎」の取組

job_ryoushi


①産学連携(官・民・魚・公)

ソーシャルビジネスプラン推進活動

復興まちづくりの今後の展望や地域主体の産業再生 (別紙資料参照)

②個人魚家の集約(本業・兼業魚家の一体化)魚業生産法人設立)(志魚家で設立) 若い世代の魚業への取組 

陸上養殖に挑戦復興支

3つの養殖業か事業拡大(別紙資料参照)

地域活性化推進モデル地区の「地域活性化支援構想」魚のある暮らし『まちづくり』(別紙参照) 
雇用対策事業の取組

④新規就魚希望者や魚業技術を学びたい市民・都会のために、魚業技術の基礎研修や魚業ボランティアを養成する研修施設・市民・都心が活用する料理教室施設を提案 (別紙資料参照)

⑤市民・外部が活用する郷土料理演出の「魚家のレストラン」を併用できる施設提案『魚業復興支援プロジェクト』

「田舎暮らし」体験宿泊施設、魚業研修宿泊施設・魚業体験宿泊施設(別紙資料参照)

⑥基盤整備事業「都市部への代理店直売所の展開実施」・販路開拓モデル事業・運営支援事業・交流事業・現地の地域魚業・被災者の復興支援ニーズ把握事業・新しい公共の場づくりのためのモデル事業 (別紙資料参照)

IT活用事業 ・インターネットショッピングモール・全国個人宅「旬のおまかせ魚介類セット」(別紙資料参照)
600df997b3e444de250cf0d523cce427_t

【人財育成】

学び舎魚学校への取組

 今、農業は危機であるがゆえに注目されています。
時代の波と共に漁業従事者の減少と高齢化が進む中で、後継者不足に悩まされ続けている現状でです。
魚業に関心を持った他業界の若い世代がスキルを習得する機会は限られています。
 魚業以外の知見を併せ持った社会人に広く、自由に魚業を学べる機会を提供することで、「情熱のある魚業者」を育成していくことできます。

1501閉鎖された魚業界にあたら風をお越し、持続可能な価値を創造し、イノベーションを引き起こしたいと、考えております。
環境・風土・土に触れ、養殖業の技術と魚学の原理原則を学び、魚学の基礎を土台として築き上げ、それを活かし、「業」にするための「考える力」を学ぶことができる環境を整えてあげたなら、人財は育ちます。


幅広く、豊かなカリキュラムで、経験がゼロであっても仲間と共に学び、次世代のハイブリッドな人材へと成長できる学び舎魚学校となって行きます。
 魚業に夢を抱いた人たちが広く、自由に魚業を学ぶ場として、「学び舎魚学校」を提案していきます。
若い世代の魚に対する人財育成が急務となっており、漁業ビジネスとして産業化に向けた取組の体制が必要とされてきます。

将来的な展望を考えて、学び舎魚学校の設立が必要にとされてきます。
地域に密着した、新しい取組が、今後、地方創生のカギとなってくるのではありませんか。
卒業生たちは、新規就魚や起業を興し、地域に移住、定住が定着する仕組みづくりを提案できます。
また、仕事を続けながら就魚準備を行うなど、それぞれの魚業の道を模索していくお手伝いが出来るものと確信しております。
1000

各地方に顕在する空き家、廃校を活用した「魚への取組」の一端として、地方に学び舎魚学校を設立して行きます。
魚に興味ある方を地方に来て頂き、実践魚業学校に関心を持って頂く政策を実施して行きます。


2000各地方でなければ出来ない環境と歴史・伝統文化の融合性を生み出して、魚業に興味を持って頂けるシニア世代、若者等が、“魚”を通じて様々なカリキュラムを学ぶ場を提供して行きます


産学公民連携による体制を整い得て、強力なバックアップと共に、各地方に顕在する魚への匠の技と養殖技術・経験者を教師に招き、指導体制を整備していきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

農業研修生募集中!
 
「田舎暮らしへの出発点」「農業に興味のある方」・農のある暮らし提案!!
新規就農希望者や農業技術を学びたい方への農業情報
・農業技術の基礎研修や地域と共に養成するシステム構築
sato4
■研修地域

map男鹿といえば海、山、自然

三方を日本海に囲まれた自然豊かな男鹿半島。
単に「海」ではなく、単に「山」でもない。
山から海への連続した風景美こそが男鹿の自然の魅力です。
その風景美を特に堪能できるのが、男鹿の左側にあたる南磯~西海岸~入道崎にかけての海岸線。
青い空と海を見ながら陽気なドライブも最高、黄金色に染まる夕景もまた最高。

男鹿(おが)市は日本海に突き出た独特の地形と、気候風土により築かれてきた景観美があり、海と山、そして湖と変化に富んだ美しい自然環境に恵まれていることから、国定公園の指定を受けています。

奇岩怪石や洞窟の連なる海岸線、水平線を赤く染めるドラマティックな夕日、半島のシンボル「寒風山」からの大パノラマなど、大自然が描いた壮大な眺望を身近に堪能できます。


また、男鹿半島は古来からの奇習「なまはげ」の郷でもあり、数々の文化財からは歴史と伝統の息吹が感じられます。
さらにその特有の風土は、海や山からの食の醍醐味や、温泉の恵みにもあふれています。

気候は、冬に日本海からの季節風が吹き付ける積雪寒冷地ですが、内陸部よりは降雪が少なく、比較的温暖な地域となっています。  

sato3
「田舎暮らしへの出発点」「農業に興味のある方」・農のある暮らし提案!!
 ◉私たちの思い
IMG-2454のコピー菊芋の魅力を知り、大いなる可能性に惹かれて、私たちは2017年に栽培を始めました。初年度は栽培面積約1,000㎡からスタートし、3年目には約40,000㎡にまで広げて年々生産規模を拡大しています。
私たちが大切にしているのは、お客さま、そして商品を召し上がる全ての方に安心安全、品質の高い菊芋をお届けすること。
菊芋を収穫するため、1,無農薬、2,土壌改良、3全ての作業を自社で行う、この3つのこだわりを柱に日々業務に取り組んでおります。
事業を拡大することで生まれる雇用、地域の活性化また発展に繋がることを念頭に事業を行っております。
美しき自然が広がる、美の国秋田から、菊芋をはじめとする健康食材、スーパーフードを今後さまざま栽培し、たくさんの方の健やかな日々を支えることを夢に描いて栽培に取り組んでいます。



◉今回、募集計画をしている所は、「秋田県男鹿市船川地区」移住計画をご検討の方へ!

「住まい」「仕事」「暮らし」など、分野別にご相談を承ります。
移住体験談や、移住に関するお悩みの等の方は、何なりとご相談承ります!!

◉住まいの相談
・空き家(一軒家紹介いたします)当社が責任を持ってお世話させて頂きます。
定住促進
子育て支援
観光情報
広域観光情報

◉農業の相談
・旬の野菜を一緒に育てませんか?
what4のコピー■美の国秋田 菊芋の里
私たちは秋田県内2箇所で菊芋を栽培しています。
1つは県の北西部に位置し、日本海に面する三種町。
もう1つは、日本海に突き出た男鹿半島の付け根に広がる男鹿市若美地区。
どちらも古くから農業が盛んで、肥沃な大地を誇る地域です。
北国秋田の冷涼な気候のもと、晩春の頃の定植から冬の収穫まで約6カ月間、じっくり時間をかけ無農薬・化学肥料不使用 で育てています。

自社栽培、自社加工

 栽培、収穫した菊芋は、男鹿市内にある自社の加工場に運び、洗浄、スライス、加工。全ての作業を自社で責任を持って行うことにより、安全安心、おいしい菊芋を、自信を持って販売しています。

研修生を募集!! (旬の菊芋/加工用大根作りを主体の複合経営) 
無題

菊芋・大根栽培:秋田県男鹿市から・・

「生産・加工・販売を一貫構築」研修生募集!

名募集(42歳までの方で将来路地野菜で生業を考えている方) 

募集期間 : 随時募集中!!
場所 : 秋田県男鹿市船川内の直営農場ほか 
人数 : 3名を予定 男女不問 

 
青年就農給付金準備型を受けることができます

(一人当たり150万/年 ご夫婦の場合それぞれ150万で300万/年)

研修期間は原則2年、研修費は不要です。

研修終了後、経営開始型にて5年間の給付金が受けられます。 

(役所の担当者紹介や空き家情報が当農園に入る場合もあるため一度ご相談ください)

ourpassion14
 ともに学び、ともに農を守っていきましょう!!

新規就農を考えている方も、是非お問い合わせください。

出来る限り、就農できるように全力でバックアップします。 

一次産業が大きく変革発展に結び付けられる転機と捉え邁進してまいります。

詳しい内容等に関しては、メールにて対応いたします。
なんなりとご用命を! 
      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

基本構成

活動範囲 

“世界に羽ばたけ”》》『ふるさとの会 

感動を心に刻み自然から学ぶ心豊かな人間形成とともに地域から広げて土壌を作るための環境教育活動を行なうことを目的にしております。 

賛同・参加・協力・協賛/募集要項 

1人でも多くに方に「賛同・参加」していただきたい!! 
②-1生産者の会・農業流通革命基本構成-3のコピー
3-ふるさとの会基本構成のコピー


 
ふるさとの会は、ふるさと村での果実を福祉・介護・各種施設・有機農業・子女の教育などに役立てることを会の目的とし更に人間環境や自然環境に関心をもち、断続して学習するようにします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

貴方の希望に合った地域で農業への足掛かりを見つけませんか?
tottori_01
 「田舎暮らしへの出発点」「農業に興味のある方」・農のある暮らし提案!!

新規就農希望者や農業技術を学びたい方への農業情報
・農業技術の基礎研修や地域の農業生産法人と共に養成するシステム構築
「田舎暮らし」体験宿泊施設、農業研修宿泊施設・農業体験宿泊施設完備
農業イベント写真-1

【人財育成】

学び舎農業研修への取組 
 今、農業は危機であるがゆえに注目されています。
耕作放棄地、後継者問題が全国の農業生産者に広がっていく一方で、農業に関心を持った他業界の若い世代がスキルを習得する機会は限られています。
 

農業以外の知見を併せ持った社会人に広く、自由に農業を学べる機会を提供することで、「情熱のある農業者」を育成していくことできます。
閉鎖された農業界にあたら風をお越し、持続可能な価値を創造し、イノベーションを引き起こしたいと、考えております。

環境・風土・土に触れ、有機農業の栽培技術と農学の原理原則を学び、農学の基礎を土台として築き上げ、それを活かし、「業」にするための「考える力」を学ぶことができる環境を整えてあげたなら、人財は育ちます。
幅広く、豊かなカリキュラムで、経験がゼロであっても仲間と共に学び、次世代のハイブリッドな人材へと成長できる学び舎農学校となって行きます。

 
農業に夢を抱いた人たちが広く、自由に農業を学ぶ場として、「学び舎農学校」を提案していきます。
若い世代の農に対する人財育成が急務となっており、アグリビジネスとして産業化に向けた取組の体制が必要とされてきます。

将来的な展望を考えて、学び舎農学校の設立が必要にとされてきます。
地域に密着した、新しい取組が、今後、地方創生のカギとなってくるのではありませんか。
研修生たちは、新規就農や起業を興し、地域に移住、定住が定着する仕組みづくりを提案できます。
また、仕事を続けながら就農準備を行うなど、それぞれの農業の道を模索していくお手伝いが出来るものと確信しております。
school_01-01[1]

■各地方に顕在する空き家、廃校を活用した「農への取組」の一端として、地方に学び舎研修生を受け入れて行きます。
農に興味ある方を地方に来て頂き、実践農業研修に関心を持って頂く政策を実施して行きます。


■各地方でなければ出来ない環境と歴史・伝統文化の融合性を生み出して、農業に興味を持って頂けるシニア世代、若者等が、“農”を通じて様々なカリキュラムを学ぶ場を提供して行きます

産学公民連携による体制を整い得て、強力なバックアップと共に、各地方に顕在する農への匠の技と栽培技術・経験者が担当させて頂きます。
また、指導体制を強力に整備しております。

青森大根写真-6

☆農閑期に新規就農に必要な技術、知識を座学で深めます!
 青年就農給付金準備型を受けることができます

(一人当たり150万/年 ご夫婦の場合それぞれ150万で300万/年)

研修期間は原則2年、研修費は不要です。

研修終了後、経営開始型にて5年間の給付金が受けられます。 

住居の提供は各地域の受け入れる農業生産法人で提供、紹介、斡旋して参ります。

638954db5cd5442e6178


コミュニティデザイン:農業に興味ある方へ・・

「全国各地域」研修生募集!

・場所 :和歌山県・兵庫県・青森県・秋田県・岩手県・山形県・その他
(42歳までの方で将来農業で生業を考えている方) 
※特に岩手県雫石町へ移住者を大歓迎です!!

・募集期間 : 随時募集中!!

・人数 : 希望者予定 男女不問  

11203075_1634002960146086_7532268846923246533_n

地方全体として過疎化が進み高齢化している地域が多く、しかし今後は世間でも放映されているように若い世代が田舎に移住・定住できる環境を創り描いた町づくりとして行かなくてはなりません。
地域での活動としては、行政とのタイアップしながら、青少年育成の為のイベントなどの実施・週末田舎暮らしにも対応した農家の意識向上の為のセミナーなど、まず地域が一つになる事を進めて行きたいと思っております。
 
農業親子体験

コミュニティデザインが農業を!もっと面白く!! 
◉お問合せ
logo

■無料で資料請求
〒984
-0065

宮城県仙台市若林区土樋236番地

仙台愛宕橋マンションファラオE -0

TEL:070-2029-8952 

-mail: info@cmty-design.jp 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【農のある暮らし】

「農業事業構想」&「学び舎」の取組
banner[3]

①産学連携(官・民・農・公)

ソーシャルビジネスプラン推進活動

復興まちづくりの今後の展望や地域主体の産業再生 (別紙資料参照)

②個人農家の集約(本業・兼業農家の一体化)農業生産法人設立)(志農家で設立) 若い世代の農業への取組 

・栽培面積予定(畑・田の確保)

廃業された農家の休耕農地賃借(別紙資料参照)

③体験・交流農園や休憩施設・公園を整備し、ガーデニングや野外リクレーションの施設やトレーラーハウスを導入するなど、市民・都心の人が農に親しみ楽しめる農業公園を提案【地方過疎化対策・地域農業再生】(別紙資料参照)

④新規就農希望者や農業技術を学びたい市民・都会のために、農業技術の基礎研修や農業ボランティアを養成する研修施設・市民・都心が活用する料理教室施設を提案 (別紙資料参照)

⑤市民・外部が活用する郷土料理演出の「農家のレストラン」を併用できる施設提案『農業復興支援プロジェクト』

「田舎暮らし」体験宿泊施設、農業研修宿泊施設・農業体験宿泊施設(別紙資料参照)

⑥基盤整備事業「都市部への代理店直売所の展開実施」・販路開拓モデル事業・運営支援事業・交流事業・現地の地域農業・被災者の復興支援ニーズ把握事業・新しい公共の場づくりのためのモデル事業 (別紙資料参照)

IT活用事業 ・インターネットショッピングモール・全国個人宅「旬のおまかせ野菜セット」(別紙資料参照)
img05

6次産業化推進に向けたネットワークの構築

※農業に携わる関係各省の助成金・補助金等の活用実施

地域活性化推進モデル地区の「地域活性化支援構想」農のある暮らし『まちづくり』(別紙参照) 雇用対策事業の取組

一次産業化の構築農産物販売一貫構築(提案・企画・流通・販売) 
agri_02-01[1]
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ