ふるさと村構想

タグ:#体験

5

地域振興のセカンドライフに快適で安心な田舎暮らしを!!


☆宮城県
三陸にある「牡鹿半島
牡蠣の養殖やワカメ、アナゴ漁で有名な小渕浜も東日本大震災で大きな被害を受けました。
牡蠣の水揚げ後の処理などをしていた作業所も津波で流され、同時に、そこで働いていた魚業の作業仕事も無くなってしまいました。


震災前の状態までには程遠いのですが、小積浜も少しずつ前に進んでいます。

3本の矢プロジェクトを発足させ、小積浜活性化対策を計画いたしました。
3つの養殖業から事業拡大により、
①雇用の確保
②魅力ある事業
③継続的発展に結びつく「夢の実現」を取り入れた事業計画を提案してまいります。
それらの推進を基に若者が定着できる労働ワークの確保を目指してまいります。

LandMap_03_006b
「小積浜活性化事業」構想計画
ー田舎暮らしの体験ができて、畑ももてる施設ー
牡鹿半島地域活性化構想-1
・グリーン・ツーリズムを活用した宿泊施設の完備に伴い、自然、文化、地域との人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動をバックアップして行きます。(業への興味を抱かせます) 
牡鹿半島地域活性化構想-2
豊かな田舎体験
 
・休日や休暇など利用して漁村で自然・文化にふれ、人との交流
牡鹿半島地域活性化構想-3
 
牡鹿半島でなければ出来ない環境と歴史・伝統文化の融合性を生み出して、魚業に興味を持って頂けるシニア世代、若者等が“魚”を通じて様々なカリキュラムを学ぶ場を提供して行きます。
牡鹿半島地域活性化構想-4
産学公民連携による体制を整い得て、強力なバックアップと共に、牡鹿半島地域に顕在する魚への匠の技と養殖技術・経験者を教師に招き、指導体制を整備していきます。
牡鹿半島地域活性化構想-5
 
何なりとご連絡をお待ちしております。 

logo-1

詳しい内容等に関しては、メール、電話にて対応いたします。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

移住者大募集中!!

地域活性化支援とは?】【のある暮らし】

業生活とも村生活とも違う概念で、自然にやさしい生き方、生態系を守る生き方、生命を大切にする生き方、自然体で過ごす生き方、そんな生活を求めつつ「人間の尊厳を守って」力強く生き抜いて行く憩いの場、これまでの自然破壊、環境悪化、人間中心主義、モノやカネに価値を置く物質主義を見直し、自然と人間の共生、食糧と環境の保全などを重視し、真の豊かさを追求し、日々の生活のなかにでも少しずつ的要素を取り入れていこうとするライフスタイルを基本理念に於いて自分たちの手で新しい牡鹿半島の在り方を作って行きたいと思い、生き残る「共同体」を目指した三陸の暮らしを求めています。

図1図2図3図4














 



よびかけ:
地域活性化プロジェクト

地域振興のセカンドライフに快適で安心な田舎暮らしを!!

・小積復興支援
東日本大震災から月日が流れ、早や十数年、復興の進んでいる地区、遅れている地区、被災地は多様化し始めています。
依然として仮設住宅で暮らし、漁業の復興の遅れから、作業場が確保できず仕事がない方も多いというのが実情です。

また、月日と共に若者は市街地へと出て行く人が多く、今では高齢化が進み、地域に暗い影を落としている現状です。

そんな中の暮らしと共に災害住宅は空席が目立つ様になってきました。
また、その他にも数多くの空き家が見受けられます。


図5 ☆宮城県の三陸にある「牡鹿半島
牡蠣の養殖やワカメ、アナゴ漁で有名な小積浜も東日本大震災で大きな被害を受けました。

牡蠣の水揚げ後の処理などをしていた作業所も津波で流され、同時に、そこで働いていた魚業の作業仕事も無くなってしまいました。
震災前の状態までには程遠いのですが、小積浜も少しずつ前に進んでいます。

3本の矢プロジェクトを発足させ、小積浜活性化対策を計画いたしました。
3つの養殖業から事業拡大により、①雇用の確保、②魅力ある事業、③継続的発展に結びつく「夢の実現」を取り入れた事業計画を提案してまいります。

それらの推進を基に若者が定着できる労働ワークの確保を目指してまいります。
miru_oshikahantou_01
牡鹿半島

万石浦の東海岸から南に伸びる約25kmの半島で、石巻市のほか女川町に属しています。リアス式海岸特有の変化に富んだ海岸線は入江ごとに異なった眺望を見せています。

この半島の尾根の部分を縦断する「牡鹿コバルトライン」は昭和46年(1971)有料道路として開通しましたが、平成8年(1996)から一般道になり、金華山への入り口、鮎川へ続く風光明媚な観光道路としてさらに利用価値が高まりました。

また、平成11年(1998)3月には県道石巻鮎川線の風越トンネルも開通し金華山方面へ一層近くなりました。
図1
 
・これからの展開
「魚のある暮らし」をキーワードに、牡蠣・ワカメの養殖で構成された漁場を確保しておりますが、将来的な展望に於いて、どうしても確保しなければいけない3本の柱「アワビの養殖事業」をテーマーとして地域共同体、自然環境を取り入れた、若い世代が参加できる地域の魅力。
また、コミュニティデザイン・ライフ
により満足頂けるよう、行政・地域団体と共に漁業と観光、「魚業」に関連したまちづくり、しかも環境に配慮した3本の柱をメインとして、地産地消の商品づくりまで行っていく予定でおります。
医・食・住を各々の希望にあった形で提供する企画・立案でより満足して頂ける地域の町づくりを確信しています。
pixta_70543130_S
◉今回、募集計画をしている所は、
 「宮城県石巻市牡鹿半島内」移住計画をご検討の方へ!


563752e6-s☆「住まい」「仕事」「暮らし」など、分野別にご相談を承ります。
移住体験談や、移住に関するお悩みの等の方は、何なりとご相談承ります!!

◉住まいの相談
・空き家
  (一軒家紹介いたします)

 当社が責任を持ってお世話させて頂きます。
・定住促進
・子育て支援
・観光情報
・広域観光情報

夢を抱ける地域の結びつき!!
図1 

安心して移住ができるように全力でバックアップさせて頂きます!

地域改革が大きく変革発展に結び付けられる転機と捉え邁進してまいります。

詳しい内容等に関しては、メールにて対応いたします。
なんなりとご用命を!

是非、ご連絡をお待ちしております!

お申込みフォームはこちら 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

基本構成

活動範囲 

“世界に羽ばたけ”》》『ふるさとの会 

感動を心に刻み自然から学ぶ心豊かな人間形成とともに地域から広げて土壌を作るための環境教育活動を行なうことを目的にしております。 

賛同・参加・協力・協賛/募集要項 

1人でも多くに方に「賛同・参加」していただきたい!! 
②-1生産者の会・農業流通革命基本構成-3のコピー
3-ふるさとの会基本構成のコピー


 
ふるさとの会は、ふるさと村での果実を福祉・介護・各種施設・有機農業・子女の教育などに役立てることを会の目的とし更に人間環境や自然環境に関心をもち、断続して学習するようにします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ