ふるさと村構想

タグ:#アグリビジネス

5

新規事業への取組みを検討しませんか?

 コロナ禍の中、業種によって経営がかなり厳しくなってきております。
また、世の中の動向が時代と共に変化の荒波となつてジワジワ傾斜の内情を蝕んでおります。
こんな時こそ真剣に検討する価値が出てきます。

今、行動に移す時と思い、頭と体が一体となって動き出さなくては、いつできるのでしょうか?
job_nouka
農業に目を向けませんか!
 
農業の実態が地方にあります。

高齢化と共に後継者問題、その為に進む休耕農地、耕作放棄地、様々な問題抱えて長年やり続けた農業が年齢と共にできなくなって来ている農業の実態が浮き彫りになっております。

しかし、企業に於いても様々な悩みを抱えている現状がそこにあります。
企業と農業がマッチング出来る形がそこにあれば、お互いの技術の組合せで新しい農業のあり方が見出せると私たちは考えております。
bg_hatake
この時期にチャンスがそこに眠っております。
地方の宝がそこに眠っております。それが農業政策です!!
さあ〜農業に飛び込もう! 
そのお手伝いを私たちはさせて頂きたいと願っております。
 

 地方から新しいアグリビジネスを構築しませんか!!
ピンチからチャンスへ
飛躍のアグリに向かって輝いて行こうではありませんか? 
 
f2a7921626fe7198c6e5e1bb9f57b27e_t

契約栽培で「基盤商品」を定番に!


今回、安定的に納品できる契約栽培をオススメします!
白首大根の契約栽培で加工場へ納品!!

•当社は、農のある暮らしに基軸を置きつつ、現在、農産業の抱える厳しい労働環境からくる後継者不足や廃業を、生産力を生かすことで分野そのものの再生をもめざす案として安定基盤商品が必要と考えて提案いたしました。 


•小規模農家世帯の中には、経済力も少なくこのほどの農業に対する経済情勢が変わり、コロナ禍の対応と共に販売経路が大きく変わってしまいました。
また、農協に頼っていた時代はひと昔の販売経路となり、今となっては余り当てにできなくなり、先行き不透明な収穫を容易にされてきました。
また、変動性価格を重視した市場出荷においては尚更です。
現代の気象変化に左右され、変動性による価格に悩まされ将来の見通しが不安定な環境が続く中、度々の市場価格への対応で苦労をして来ました。
幾たびの苦労を乗り越え、再生に死力を尽くし、土壌を守って行かなくてはならない苦しみ。
そのなかで経験を重ね培った優れた技術は、情報交換の環境もなく、また市場流通に左右されながら報われる機会も薄いものだったと思われます。

こうした現状を打破するためにも、今後の農業のあり方、考え方を変えて行かなくてはならない時代の波が押し寄せてきています。
1542-1

■建設・土木業の技術をフル活用での取組み



三本の柱を取り入れてみてはいかがでしょうか?

①現状の事業への投資
②新規事業部としての取組み
③契約栽培の安定販売

 
•その生産力をフル活用し、消費者に欠かせない農作物を、契約栽培で安定価格、継続契約で農業復興再生できれば、薄利多売の仕組みから脱却でき、より安心・安全で、安定あるべき農作物の価値を保ちながら拡販流通できると弊社は考えております。
1baf02704171742c958f
本気で取り組んで頂ける建設・土木業には朗報です!!
農産物販売システム 生産・流通・販売を一貫構築」
「地域活性化支援」の取組

現在、加工用として年間600tの白首大根を漬物用として加工工場へ納品させていただいております。
さらに、大量の注文が入ってきており、まだまだ必要となってきました。
そこで、継続契約を通して安定供給の体制を構築して行かなくてはなりません。
熱心に取り組んで頂ける建設。土木業の経営者がおりました折には、上記の内容でご説明に伺います!
publicdomainq-0008044xdqckl
是非、この機会に御社も検討してみて頂けませんか!! 
ご連絡頂ければ、ご訪問させて頂きお話をさせて頂きたいと思っております。

何なりとご連絡をお待ちしております。 

logo-1

詳しい内容等に関しては、メール、電話にて対応いたします。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

作るこだわり商品への想い、土壌づくりへの熱意、目的、農・水業に対する考え方、環境を考えた産業。
 土地に対する想い、地域に対する想い、将来に対する農業の考え方、人柄、何を目的にしているのか?
 
⑤-1-1ショップモール・宅配サービス構想概要説明
未来に対する、夢と希望、その意味を把握することで、おのずと掲載することの意味が違ってきます。
私たちは、それらのことを理解してショップモール、カタログ販売を構築していかなければなりません。
それでなければ、従来の販売だけのショップモール・カタログと何ら変わることはありません。
本気で食べていただけるお客様のことを考えた、安心・安全・おいしい食材に対する考え方を見いだせることはできません。
 食育に対する想いから、食べていただける子供から大人、そして、健康を守るお客様に本当の意味での流通改革とは言えません。
⑤-1-2ショップモール・宅配サービス構想概要説明

自分達の手で新しい農家の流通革命を創って行きたいと思い、
生き残る「旬のこだわり食材」として、流通機構改革を目指しております!
 
image
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ