ふるさと村構想

タグ:#暮らし

5

入居者のメリット

老後の不安を解消できます。
     子どもの世話にならずに、自分のペースで生活ができます。
 夫婦の場合どちらかが倒れたときでも、
在宅介護を希望すれば夫婦で一緒に生活できます。

②生活支援サービスを利用すると妻は家事から解放されます。
  高齢により体力が落ちた時の家事労働は予想以上にきついと言わ
れてます。
  (日本人の夫の意識として家事は妻がやるものという意識が抜けていません。)

③自然災害(台風、大雨、地震、大雪)があっても、コーポラティブ方式なのでプロの建築家と住人が建物を基礎段階からチェックし、作り上げていくので手抜き工事はありません。
 ハウス内はハード面、ソフト面とも
安全です。

④建物内に診療所、デイサービス、食堂、喫茶ルーム、そして生活支援サービスがありますから日常生活の身の回りの利便性は確保されます。

⑤食堂、喫茶ルーム、多目的ルームは外部にも開放するため、いつでも外部との交流ができ、高齢者施設でありがちな閉鎖的、管理的な建物になることはありません。
 社会や地域とのつながりはとても大事です。

⑥高齢者や障害者がハウス内で、自主的に自分の役割を持つことによって適正な報酬が得られれば、社会の一員としての自覚出てくるし、自信もつき、生活の喜びを見出すことができます。

publicdomainq-0012566wlj


高齢者施設とは違いますので、年齢制限はありません。中・高齢者及び体の不自由な方が安心して住むためには「医」食」「住」そして生きがい』『やりたい事を見つけることが大切だと思います。

「医」 診療所を開設(ホームドクター)デイサービスを併用(通所介護サービス)在宅介護方式 

「食」 食堂、喫茶ルーム開設  居室は電化のシステムキッチン設備も検討できます。

「住」 各個人の好きな間取りを設計、高齢者に優しいバリアフリー設備 

 

6-1ふるさとの会・「終の住処」構想概要

6-2ふるさとの会・「終の住処」構想概要

田舎暮らし


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【人財育成】

学び舎農学校への取組

school_02-01[1]

 今、農業は危機であるがゆえに注目されています。耕作放棄地、後継者問題が全国の農業生産者に広がっていく一方で、農業に関心を持った他業界の若い世代がスキルを習得する機会は限られています。

 
農業以外の知見を併せ持った社会人に広く、自由に農業を学べる機会を提供することで、「情熱のある農業者」を育成していくことできます。閉鎖された農業界にあたら風をお越し、持続可能な価値を創造し、イノベーションを引き起こしたいと、考えております。環境・風土・土に触れ、有機農業の栽培技術と農学の原理原則を学び、農学の基礎を土台として築き上げ、それを活かし、「業」にするための「考える力」を学ぶことができる環境を整えてあげたなら、人財は育ちます。
school_01-01[1]

幅広く、豊かなカリキュラムで、経験がゼロであっても仲間と共に学び、次世代のハイブリッドな人材へと成長できる学び舎農学校となって行きます。
 農業に夢を抱いた人たちが広く、自由に農業を学ぶ場として、「学び舎農学校」を提案していきます。

若い世代の農に対する人財育成が急務となっており、アグリビジネスとして産業化に向けた取組の体制が必要とされてきます。将来的な展望を考えて、学び舎農学校の設立が必要にとされてきます。地域に密着した、新しい取組が、今後、地方創生のカギとなってくるのではありませんか。
school_02-02[1]
卒業生たちは、新規就農や起業を興し、地域に移住、定住が定着する仕組みづくりを提案できます。また、仕事を続けながら就農準備を行うなど、それぞれの農業の道を模索していくお手伝いが出来るものと確信しております。 
banner[5]

各地方に顕在する空き家、廃校を活用した「農への取組」の一端として、地方に学び舎農学校を設立して行きます。農に興味ある方を地方に来て頂き、実践農業学校に関心を持って頂く政策を実施して行きます。

各地方でなければ出来ない環境と歴史・伝統文化の融合性を生み出して、農業に興味を持って頂けるシニア世代、若者等が、“農”を通じて様々なカリキュラムを学ぶ場を提供して行きます
産学公民連携による体制を整い得て、強力なバックアップと共に、各地方に顕在する農への匠の技と栽培技術・経験者を教師に招き、指導体制を整備していきます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ