ふるさと村構想

カテゴリ: 農のある暮らし

5

「田舎暮らしへの出発点」「農業に興味のある方」・農のある暮らし提案!!
1591092ad23ddc0a8783e34044308625 
 
 農業研修生募集中!
田舎暮らし講座
 
完全移住型・週末・通勤・セカンドハウス・子育て・Uターン・Iターン・Jターン・新天地・新生活型・ 独身リスタート型・子育て完了+両親介護型・定年帰 型・実家移転型+仲間を訪ねる・新規参入型+農村飛 込み型・自冶体支援制度型・自分探しタイプ等、様々な田舎での暮らし方についてご相談ができます。

新規就農希望者や農業を通して移住・を考えている青年等を広く募集させて頂きます!
 9cdd79dbd8f8644092977d07f9f11f17_t
私たちは「農のある暮らし」をキーワードに、地域復興のための共生・コモンズをテーマに医・食・住を各々の希望にあった形で提供する企画・立案でより満足して頂ける地域の町づくりを推進しています。
地方全体として過疎化が進み高齢化している地域が多く、今後は世間でも謳われるように若い世代が田舎に移住・定住できる環境を創り描いた町づくりとして行かなくてはなりません。




 
■農業研修地域
■移住地域である和歌山県由良町は日本のエーゲ海とよばれる白い石灰岩の海岸もあるなど柑橘類の適地として注目されております。
中でも私たちの生産地三尾川は極早生種で最高峰の「由良早生」の発祥地として、全国的に知れ渡っております。

地域と環境が整いた場所はここしかありません。
また、みかんに適した自然環境とたゆまぬ栽培努力と日々の技術研究を重ね、今日に至っております。
その中から創り上げる逸品の柑橘類を皆様にお届けしております。
3点セット組合せ-2
また、今回農業研修生を募集と共に、福祉施設を兼ねた加工場を計画しており、生産・加工・流通(販売)の一体化による付加価値の拡大を計画しており、福祉事業とアグリ事業の融合性に新しい取り組みを実施していきます!
ichiba_02-09[1]
畑の目の前に広がる海。
黒潮が運ぶミネラルと暖かな風に包まれ、しっかりと育ちました。
ご先祖様が手で積み上げた石段で出来た水はけの良い段々畑。
必要な水分量と適切な肥料、そして最小限の環境で育てました。
ワックスもしていない、安心で美味しい柑橘類です。

c650a456d5f1a9d18656d6b732fce0d6

自社栽培、自社加工

栽培、収穫した農作物は、由良町内にある自社の加工場に運び、洗浄、加工、販売。
全ての流通業務を自社で責任を持って行うことにより、安全安心、おいしい柑橘系を、自信を持って販売しています。

研修生を募集!! (旬の柑橘類/加工商品の六次化産業を主体の複合経営)

パイナップル-1
柑橘類栽培:和歌山県由良町から

「生産・加工・販売を一貫構築」研修生募集!

名募集(42歳までの方で将来農業で生業を考えている方) 

募集期間 : 随時募集中!!
業種 : 柑橘類/商品加工品(開発提案型)
職種 : 
生産・加工・販売/作業員

地域 : 和歌山県由良町
雇用形態: インターンシップ・研修生(新規就農希望者)/ 期間限定アルバイト
 
寮・社宅 : なし(単身寮・世帯寮紹介斡旋いたします)
場所
 : 〒649-1133 和歌山県由良町の直営圃場ほか 
人数 : 3名を予定 男女不問 
会社 : 
farm&lab
  • 未経験者歓迎・
  • AT免許OK・夫婦/カップル応募可・長期休暇あり・六次産業化・独立希望者可・若手活躍中・経験者優遇・社会保険完備・2023新卒可
◉連絡窓口会社
コミュニティデザイン合同会社
〒984-0065
宮城県仙台市若林区土樋236番地E-04
TEL:070-2029-8952
-mail: info@cmty-design.jp

 青年就農給付金準備型を受けることができます。

(一人当たり150万/年 ご夫婦の場合それぞれ150万で300万/年)

研修期間は原則2年、研修費は不要です。

研修終了後、経営開始型にて5年間の給付金が受けられます。 

(役所の担当者紹介や空き家情報が当農園に入る場合もあるため一度迷わずご相談ください) 

agri_02-02[1]
農業への危機
今、農業は危機であるがゆえに注目されています。

耕作放棄地、後継者問題が全国の農業生産者に広がっていく一方で、農業に関心を持った他業界の若い世代がスキルを習得する機会は限られています。
20220430-6
情熱のある農業者
農業以外の知見を併せ持った社会人に広く、自由に農業を学べる機会を提供することで「情熱のある農業者」を育成していくことできます。


閉鎖された農業界に新たな風を起こし、持続可能な価値を創造し、イノベーションを引き起こしたいと考えております。
環境・風土・土に触れ、近代農業の栽培技術と農学の原理原則を学び、農学の基礎を土台として築き上げ、それを活かし「業」にするための「考える力」を学ぶことができる環 境を整えてあげたなら人財は育ちます。 
なつみ-8

新規就農を考えている方も、是非お問い合わせください。

出来る限り、就農できるように全力でバックアップします。 

一次産業が大きく変革発展に結び付けられる転機と捉え邁進してまいります。

詳しい内容等に関しては、メールにて対応いたします。
なんなりとご用命を! 
      


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

農業研修生募集中!
 
「田舎暮らしへの出発点」「農業に興味のある方」・農のある暮らし提案!!
新規就農希望者や農業技術を学びたい方への農業情報
・農業技術の基礎研修や地域と共に養成するシステム構築
 
20220605-1
■研修地域
南あわじ市概要 
911a8e6195859b3eccbbebc510c40809
◉位置と地勢
南あわじ市は、南北に長い地形の淡路島の南部に位置し、兵庫県域の約2.7%を占めています。
南部と西部はそれぞれ紀伊水道、播磨灘に面し、北部の先山山地、南東部の諭鶴羽山地、西の南辺寺山塊に囲まれ、中央部には三原平野が広がっています。
また、紀淡海峡には、周囲約10キロメートル、人口約500人の沼島が浮かんでいます。


神戸市から60キロメートル圏、大阪市から80キロメートル圏にあり、市の中央を走る神戸淡路鳴門自動車道によって、明石海峡大橋を経て神戸へ約60分、大阪へ約90分、また、大鳴門橋を経て徳島へ約40分の距離にあります。


◉名産・特産
たまねぎ、レタス、びわ、みかん、乳製品、淡路ビーフ、桜鯛、鱧、淡路島3年とらふぐ、淡路島サクラマス、鳴門わかめ、手延べそうめん、淡路瓦、竹炭
4135118_m
◉移住希望者への訴え
兵庫県最南端のまち「南あわじ市」は、南に鳴門海峡、西に白砂青松の慶野松原、中心には温暖で肥沃な三原平野が広がります。京阪神への「食」の供給基地として大きな役割を果たしています。
また、淡路人形浄瑠璃に代表される歴史と文化の豊かな地域でもあります。


三原川流域に広がる三原平野では、恵まれた地理条件と気候条件に加え、高度な農業技術を生かして、同じ土地で年三回農作物を栽培する三毛作が営まれています。
甘くやわらかい淡路産玉ねぎは北海道、佐賀県に次ぐ生産地です。
また、レタスや白菜、キャベツなどの生鮮野菜は京阪神に即日出荷されています。


また、酪農・畜産も盛んで、伝統のある「淡路島牛乳」などの乳製品は、全国的なブランドに成長しています。
肉牛は「淡路ビーフ」の名で知られ、「神戸ビーフ」「松坂牛」のもと牛になる淡路和牛の生産地でもあります。


さらに、播磨灘や鳴門海峡などからは、新鮮な魚介類が多く水揚げされています。
鳴門海峡のタイ、沼島のハモや一本釣りのアジなど魚の種類は豊富で、京阪神から東京・築地の魚市場に高級魚として出荷されています。
またノリやワカメ養殖、福良湾のハマチ、フグなどの栽培漁業も行われています。
近年では新たな特産として、通常2年で流通するフグを、さらに1年かけてじっくり育てる「淡路島3年とらふぐ」や、きれいな桜色の身と脂が甘く上品な味わいが特徴の「淡路島サクラマス」が養殖されています。


南あわじ市は、「だから住みたい 南あわじ」を将来像とし、市民がこれからも住み続けたいと感じ、市外の方はこれから行きたい、住んでみたいと感じる魅力あふれるまちづくりに取り組んでいます。
市民一人ひとりの幸福と、地域の幸福を実現するため、南あわじ市を支えている産業を維持・展開していく仕事の確保や、その仕事に就き今後このまちを担っていく人づくりを行いながら、市民が安全に安心して暮らすことができる環境整備を進めていきます。

「田舎暮らしへの出発点」「農業に興味のある方」・農のある暮らし提案!! 
IMG_0834-2
◉私たちの想い
地域と共に繁栄する農業企業の位置づけとして行きたいと考えております。
<生産・流通・販売を一貫構築>

県内・圏外からの農業研修生を取り入れ就農育成を実施して行きます。
研修終了後、定住による後継者確保と人口増加を目指します。
(別紙カリキュラム参照)

地域と住民の共生な立場で、融合性を加味して運営にあたり、地域の発展に寄与する仕組みづくりを構築してきます。

加工所と配送センター及び農産物保管所、農機具保管所施設を充実させて行きます。
農業研修生については、毎年名程度受け入れ体制を整えることにしています。

みなさまが活用出来る場を考え、「田舎暮らし」体験宿泊施設、農業研修宿泊施設・農業体験宿泊施設・農のある暮らし体験宿泊施設及び農家のレストランとしてご利用できるように再生していきたいと考えました。
・グリーン・ツーリズムを活用した宿泊施設の完備に伴い、自然、文化、地域との人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動をバックアップして行きます。(農業への興味を抱かせます)

加工所構築による新商品の発掘と地方各地のブランド商品開発ができます。
また、雇用対策として職場の確保を目指し、地域から離れた住民を呼び戻すことができます。
(地域活性化に繋げる)

publicdomainq-0044828vpw


◉今回、募集計画をしている所は、「兵庫県南あわじ市秦地区」移住計画をご検討の方へ!
■兵庫県南あわじ市秦地域
「住まい」「仕事」「暮らし」など、分野別にご相談を承ります。
移住体験談や、移住に関するお悩みの等の方は、何なりとご相談承ります!!

◉住まいの相談5b05fccd29a557f253810d693d8d927b_t
・空き家(一軒家紹介いたします)当社が責任を持ってお世話させて頂きます。
定住促進
子育て支援
観光情報
広域観光情報

◉農業の相談
・旬の野菜を一緒に育てませんか?
 

これが淡路島!!

子供達に喜んで食べてほしい!
野菜を大好きになってもらいたい!!

そんな笑顔で楽しく農業に取り組んで、日々、噂になれるよう畑で野菜達と向き合って農業をしています♪♪〜

●全国有数の産地「淡路島 三原平野」

兵庫県で収穫される玉ねぎのうち、95%が淡路島の三原平野を中心に生産されています。
この地域ではやわらかくとても甘い、瑞々しく良質なたまねぎが収穫できます。 
淡路島の気候と風土が玉ねぎ栽培に適しており、その秘密は、ミネラル成分が多く含まれる淡路島の土壌にあります!

また、その環境から生み出される匠の技を活用した栽培技術を熟得して、安心・安全・美味しい野菜作りをモットーとして、特別栽培によるこだり商品です。
甘いのはもちろん、口に入れたときの食味・食感などにもこだわり、最高級のたまねぎをご自宅へお届けします。
もっともっと農場を広げて行きたいと考えております。
また、玉ねぎ栽培が主力ですが、第二の柱、第三の柱の商品を模索しており、その土地の環境に合った農作物を栽培計画に取り入れており、研修生の能力を期待しております。

自社栽培、自社加工

 栽培、収穫した農作物は、南あわじ市内にある自社の加工場に運び、洗浄、箱詰め。全ての作業を自社で責任を持って行うことにより、安全安心、おいしい農作物を、自信を持って販売しています。

研修生を募集!! (旬の玉ねぎ/新規農作物の選定を主体の複合経営)
玉ねぎ-9

さつまいも・玉ねぎ栽培:兵庫県南あわじ市から

「生産・加工・販売を一貫構築」研修生募集!

名募集(42歳までの方で将来路地野菜で生業を考えている方) 

募集期間 : 随時募集中!!
業種 : 露地野菜/畑作(農園)
職種 : 
生産・加工・販売/作業員

地域 : 兵庫県南あわじ市
雇用形態: インターンシップ・研修生(新規就農希望者)/ 期間限定アルバイト
 
寮・社宅 : なし(単身寮・世帯寮紹介斡旋いたします)
場所
 : 〒656-0332 兵庫県南あわじ市の直営農場ほか 
人数 : 3名を予定 男女不問 
会社 : 有限会社三野青果
  • 未経験者歓迎・
  • AT免許OK・夫婦/カップル応募可・長期休暇あり・六次産業化・独立希望者可・
    若手活躍中・経験者優遇・社会保険完備・2023新卒可
◉連絡窓口会社
コミュニティデザイン合同会社
〒984-0065
宮城県仙台市若林区土樋236番地E-04
TEL:070-2029-8952
-mail: info@cmty-design.jp

 青年就農給付金準備型を受けることができます。

(一人当たり150万/年 ご夫婦の場合それぞれ150万で300万/年)

研修期間は原則2年、研修費は不要です。

研修終了後、経営開始型にて5年間の給付金が受けられます。 

(役所の担当者紹介や空き家情報が当農園に入る場合もあるため一度迷わずご相談ください) 
ともに学び、ともに農を守っていきましょう!!
青ネギ-4

新規就農を考えている方も、是非お問い合わせください。

出来る限り、就農できるように全力でバックアップします。 

一次産業が大きく変革発展に結び付けられる転機と捉え邁進してまいります。

詳しい内容等に関しては、メールにて対応いたします。
なんなりとご用命を! 
      

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

田舎には森羅万象の知識や経験がある

農業生活とも農村生活とも違う概念で、自然にやさしい生き方、生態系を守る生き方、生命を大切にする生き方、自然体で過ごす生き方、そんな生活を求めつつ「人間の尊厳を守って」力強く生き抜いて行く憩いの場、これまでの自然破壊、環境悪化、人間中心主義、モノやカネに価値を置く物質主義を見直し、自然と人間の共生、食糧と環境の保全などを重視し、真の豊かさを追求し、日々の生活のなかにでも少しずつ農的要素を取り入れていこうとするライフスタイルを基本理念に於いて自分たちの手で新しい「ふるさと村」を作って行きたいと思い、生き残る「共同体」を目指した田舎暮らしを求めています。 

④-1学び舎農学校概要[提案型]
ことのほか、私たちは自然相手には無力です。
雨が降って欲しいと思っても、晴天を求めたいと思っても、暑さも寒さもコントロールできません。
ただじっと自然に委ねるしかありません。
しかし自然に対して受け身であることのなかから、私たちはさまざまなことを学んでいくのです。

それは直接的な農耕のための知識や経験として蓄えられるだけでなく、人間も自然の大きな環境の中で生かされているのだということや、自然に翻弄されることを繰り返していくうちに、いつしか自然のことを学び、知り尽くすようにもなるわけです。
米づくりであれば、人間が経験できるのは自分の寿命をこえる年数の経験を重ねることは出来ません。
仮に一生に70回経験したとしても、70回ともすべて同じ年はありません。
④-2学び舎農学校概要[提案型]
失敗はだんだん少なくなっていくでしょうが、終りというものはないのです。
畑も果樹園でもそうです。
少しずつ栽培技術は向上するでしょうが、なかなか満足のいくものではないと農業専従者はいいます。
農業専従者になればなるほど、そう言うものです。

しかし、人は死んでも知識や経験は遺されていきます。
その土地ごとに様々な技法や経験則がいまもあります。
なのに、それを受け継ぐ者がいない現状があります。
雲の動きや風の向きで、数時間後の天気を肌で感じることは、その土地に生きる人ならそれほど珍しいことではありません。

草花をみて、これからの訪れる夏の暑さや冬の寒さを感じとることの出来る土地の人がいます。
そうした森羅万象の知識や経験があるところが
田舎であり、それを感じて生きていくことが「百姓」になることだと言えるかも知れません。
自然のことを学びながら、次第に知り尽くしていくのが
田舎で暮らすという原点にあるはずです。
森や林、山や川とつきあううちに、私たちは肉体を通して自然と仲よくなることができるのです。

つまり、自然を知ることができるようになるわけです。それを求めている人々がいま
田舎暮らしを意識している人々なのです。 
④-3学び舎農学校概要[提案型]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ふるさと村

ふるさとの会「農のある暮らし」 

自分達の手で新しいふるさと村を創って行きたいと思い、生き残る「共同体」を目指しております。 

共同住宅 :自分たちの手で!“創り上げる” 住  処
illust1702
illust1702



はじめに

「ふるさと村」推進事務局です。
農ある暮らし・・・・ふるさと村を建設にむけ全国に広げる企画を進めています。

少しでも貴所のお役に立てたならと思い、当局の事業内容をご理解賛同して頂ければ幸いと思い提案させて頂きました。 

banner[1]
banner[1]

コロナ禍という現代社会の中において、地方の在り方の考え方が変化しつつ、生活基盤等を重視し、今後、多くの方の環境変化が生まれてくることが予想されます。
ふるさと村はふるさと村基本構成の考え方に従え、
全国各地域にふるさと村への参加を促進するための生産者の会・ふるさとの会の支部を創り、総合相談窓口を開設しています。

33

「農のある暮らし」
を重点に住宅、勤め先などさまざまな情報を提供し、都会からの移住者の積極的な受け入れに努める仕事を実施しています。


 地方においては、当局もいろんなところにお話を持っていき、今後の農業のあり方「後継者問題・休耕農地・高齢化問題・過疎化等、
さまざまな問題に直面している現状、各市町村の問題取組が、ここにきて進化を問われています。

このような環境を考えて、当局は、「農のある暮らし」を題として全国的に広げて行きたいと思っている団体です!!

5


“私たちの想い”の計画を一緒に立ち上げませんか?

     地域と共に「医・食・住」を満たす自分の合った「終の住処」!!
  
 ふるさと村パークビレッジハウス
共同住宅「終の住処」建設への発起人として活動してみませんか!!
about_04-01[1]

      ★★ 「シニアの世代」へのよびかけ ★★

●今のシニア世代(50歳~)は「親の世話はするが、子どもに多くは期待しない」と考えている人が圧倒的に多いと言われています。

   しかしご本人が病気や介護に必要になった場合は「誰に託せばいいのでしょうか。」

●高齢者の心配は「健康」「経済」「孤独」と言われております。

●ふるさと村の考え方の原点はまさに、この問題からスタートしています。
  家族・血縁ではなく、地域社会と深く関わり、頼れる体制があれば老後の問題もかなり解決、軽減できるのではないでしょうか。

「共同住宅」子どもや施設に頼らない:「終の住処」自分たちの手で!“創り上げる”為の発起人を広く募集をしております。

速い段階での事業推進につき、今後の活動体制を、確立するために、発起人を急募致します。

詳しい内容等については、お問合せ下さい!!

 会社マーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ